粉骨

直葬をするときのコツと注意
今回は直葬とは何か、直葬をするときのコツと注意、 そして直葬に対する私の考えを述べてみたいと思います。 最近のお葬式に関する報道を見ていると 「直葬(ちょくそう)」という言葉が使われる機会が増えてきています。  「宗教儀 […]

MORE

直葬の葬儀の実例
相談話し  実は、入居先の方からお電話がありました。「危篤状態です。すぐに来てください」と言われ駆け付けました。先日、合いに行き帰りました。その直後電話があり、向かいました。 葬儀社をネットで調べました。まずは、相談した […]

MORE

① 相談話し  実は、入院先の方からお電話がありました。「危篤状態です。すぐに来てください」と言われ病院に駆け付けました。病院の方から「そろそろ準備をしてください」と告げられ葬儀社をネットで調べました。まずは、相談したい […]

MORE

今までの相談者のある一部をお話しし致します。 ある日、突然電話が鳴りました。相談に乗ってほしいと・・・特に何を相談したいと電話先ではなかったので私は家族の今後の相談と思っておりました。 夕方ご自宅に呼ばれたので、お邪魔す […]

MORE

親類の訃報を聞き、私はすぐに田舎町に向かいました。親類の家に付き、丁度納棺の儀に立ち会うことが出来ました。田舎でしたので、主な葬儀業者は1社しかいなかったようで、そちらの職員の方が1人で納棺の儀を担当されていました。 そ […]

MORE

住み慣れた自宅やご本人が希望する場所で、自然で幸せな最期を迎えられるために、旅立つ方の「心」「魂」に寄り添い、ご本人の思いや愛を受けとめ、残った方に受け渡し、納棺前までの最期に寄り添う「看取り士」になるためにその根幹を身 […]

MORE

納棺に関る由来・習俗
迦葉尊者が500人の弟子を連れ遠方に居た時、釈尊の病気の知らせを聞き急いでクシナガラに向かった。その道中手にまんだら華を持つ旅人に出会った。葬儀に、長く枝のついた一本花を持つ習慣があるので、釈尊の事を聞くと既に一週間前に […]

MORE

遺体現象

遺体現象
□死の定義□死は回復不能な代謝機能の停止、体内で起こる化学変化死の判定は、医師におって行われ死の三徴候の不可逆行停止をもって死と判定している。■死の三徴候■①呼吸停止②心臓停止③瞳孔散大・対抗反射消失人間個体の死:生物学 […]

MORE

復元納棺の処置事例とアフター
処置 水死(溺死)  様態は水揚げとともにこくこくと進んでいきます。顔面赤色に変色→鼻・口より体液がでる。止血剤により完全に止めると体内よりガスが発生するためそのガスで胸水や気管などに溜まっている体液が下から上へと圧がか […]

MORE

墓じまい

墓じまい
墓じまい   散骨・永代供養などの普及もあって、昔のようにお墓を建てる人が減ってきていると言われています。しかも、高齢化が進んだことで遠方までお参りに行ったり管理が難しくなるケースもあり、管理者がいなくなって荒 […]

MORE