弘前家族葬とは? | 🔴 弘前市の葬儀なら【とーたる・さぽーと0528】

  • HOME
  • お知らせ
  • 弘前家族葬とは? | 🔴 弘前市の葬儀なら【とーたる・さぽーと0528】

弘前市の家族葬とは
ご家族中心で通夜・葬儀を行い、みおくりをする大切な儀式です。

家族葬には特別な定義というものはがございません。
主に必要なことや式の流れは一般的な葬儀とほぼ同じです。
少人数のため、一人ひとりの想いが反映しやすいこともあります。

家族葬がおすすめ
家族葬で故人をおくることで、ご家族が納得できるお別れのイメージを創り出しやすくなります。
その反対に残される方々にとってどのような方法が納得できる家族葬になるのか慎重に考えることが必要です。
・小さな葬儀でも心を込めてみおくりたい
・参列者が少ないため、葬儀の規模を小さくしたい
・身内や故人に近しい人だけでみおくりたい
・故人が生前に希望したイメージでお別れをしたい
弘前市では、家族葬は、このような考えをお持ちのかたに適しやすい葬儀のイメージです。
時間がない中で、ご遺族にとって葛藤がありますが、故人の生前の遺志を尊重しつつ、ご遺族の希望叶える家族葬を選択されるケースも数多く見られます。


家族葬の範囲は
家族葬だから本当に家族だけで葬儀を行なわなければならないと思っている方も多いかもしれませんが、特に決まりはございません。しかし、いろいろな葬儀の出し方(方法)がございます。

とーたる・さぽーと0528にご相談下さいませ。

どのように大切な方をみおくりたいか、という事に重きを置いてお声をかける範囲を決めていくとよいかもしれません。
※亡くなってから決めるでは、頭の回転が鈍く、時間上トラブルになりかねませんので事前にある程度作成しておくことが無難です。


家族葬の流れ
家族葬でも一般葬のご葬儀は基本的な流れは変わりません。
例えば、納棺して、火葬の日までご安置し、火葬を行い、そして通夜を行います。
翌日に葬儀・法事・埋葬といった同様の流れになります。
※家族葬としても儀式内容が異なれば葬儀の流れも変わります。
例えば、一日葬(通夜がなく、葬式のみ)や直葬(通夜・葬式なし)など


家族葬の費用
費用に関しても一般の葬儀を行う場合と考え方は同様なります。
葬儀の費用は、葬儀規模・宗教・法事を知らせる人数など、お客様ごとのご事情や状況によってそれぞれに異なります。

家族葬だから安い、という事は安易には言えません。
また、自宅葬・一日葬・葬儀・家族葬一式○○万円と低価格料金を提示しているインターネット系広告やチラシ・呼込みなどにも注意が必要です。
その金額で葬儀を行えると思って、実際に葬儀を依頼すると実は必要な物が含まれておらず、追加費用が発生します。

このような事例も青森県でもよく聞こえてきます。
理由は、葬儀会社でない、地元の事情が把握できていない事。葬儀業者ではなく広告業者からです。
広告会社だから請負葬儀社から紹介手数料をいたたくことになっているからです。
しかし、その葬儀社も低価格で行うと利益が難しく経営問題になる為、必要な経費を追加提示していると考えられます。
また、葬儀関連には、必ず法律関連のかかわりがありますが、理解できていないので、実際、そのようなの広告会社(紹介屋)にも注意です。

とーたる・さぽーと0528では、ご希望や想いを込めたい部分に対応いたします。
必要なものだけをご選択いただきながら、ご一緒に家族葬をつくり上げていき、それぞれの想いをイメージにできるようにお手伝いいたします。
なので、低価格の提案はしておりませんが、然しながら費用問題でお困りの方は事前におしゃってください。
低価格でもしっかりみおくられるプランを創り致します。


家族葬を行う際の注意点
家族葬を行う時には注意が必要です。
訃報・法事のお知らせする方、家族葬だからと限ってしまうと・・・
「家族葬を行う前に知らせてほしかった…」などと
やり場のない想いをあびせられることもあります。

葬儀後のことも考慮し、慎重に訃報・法事のお知らせをする範囲を検討した上で、家族葬を行うことをおすすめします。


家族葬のメリット
家族葬は少人数になります。
参列する方への気遣いや準備などが軽減されることにより、故人とのお別れに向ける尊い時間を長くとることができます。
また、ご遺族や故人と親しい間柄の人を中心としたおみおくりができ、思い出話など気兼ねなく、焦らずにあたたかな時間を過ごせると思います。

故人様が生前に託した葬儀に対する希望をイメージに変えます。
このように故人やご遺族の想いを葬儀にという形にし、あたたかなお別れの儀式に近づけることができます。


家族葬のデメリット
家族葬の場合、遺族が訃報を知らせる人が限られてしまいます。
そのため、訪れる人が少ない為、香典的収入もまた少なくなるなります。
葬儀後に訃報を知った人が故人の自宅へ訪れる場合もあります。
家族葬という葬儀のイメージを会葬者や親族に受け入れてもらえない場合もあります。
こちらも、方法がございます。
例えば、新聞(お悔やみ欄)記載し、玄関先に家族葬で行うと記載した紙を張り理解していただく方法です。


家族葬の参列マナーはある?
門燈(〇〇家と電気のついた門燈)出さず、玄関先に葬儀日程などが一切記載されていない場合があります。
葬儀日程を伏せている場合は、親族のみでみおくりをすることを察し、香典を渡し時間を取らない様にした方が良いかもしれません。

当社では、玄関先に『家族葬のみで執り行います』と張り紙をさせていただいております。その場合は香典を渡すことはもちろん大丈夫ですが、できればお話しが長くならない様にしていただく事が一番かも知れません。
家族葬の場合、故人と近いひと、ごく限られた人たちでみおくりを行うことが一般的です。
儀式に参加する場合の服装は黒色のフォーマル服を着用し、火葬・通夜・葬儀・
法事・埋葬までは、一般的な黒色のフォーマル服を着用になります。

また海洋散骨の場合は、平服をお願いしております。
逆にブラックスーツでの儀式参加はお断りさせていただきますが、その日の出向は中止となります。また、キャンセル料なども発生します。


式場の選び方
家族葬といっても、ご遺体の安置や納棺など一連の流れは一般のお葬式の場合とかわりません。
それと同時に、ご遺族が穏やかな気持ちで故人をみおくるための場所や時間も慎重に検討する必要性があります。
とーたる・さぽーと0528は安置専用の個室のお部屋をご用意しております。
詳しくはこちらをご覧ください。
また、あたたかい家族葬についてのノウハウを持ち、ご遺族に寄り添った葬儀内容の提案やサービスの提供をしてくれる葬儀会社を選ぶことが大切です。

葬儀会社は「みな同じ」ではありません。

依頼する葬儀社によって家族葬の内容にも違いが生じてきますので、故人に対するご遺族の想いを葬儀に反映してくれる葬儀会社を選ぶようにしましょう。


家族葬のまとめ
家族葬だからこうしなければならないという事にとらわれず、大切な方を心を込めておくりだすという事に重きをおいて考えましょう。

おひとり様の人生にも歴史があり、それぞれに歩んだ人生がみな違うように、家族葬も色々です。

大切な人の人生を振返り、深く深く思い出す・・・
そんな、あたたかい家族葬をご希望の場合は、とーたる・さぽーと0528にご相談ください。
ご要望をお伺いしながら、最適な家族葬をご提案いたします。
家族葬で後悔しないために…
家族葬という言葉が独り歩きしてその解釈が人それぞれで違うことにより、思わぬトラブルが起きやすくなっています。
少子高齢化などから必然的に葬儀の規模は小型化していますが、本来知らせるべき筋や関係先がある場合には、礼を逸しないように配慮すべきです。
参列に制限を加えたり、故人の関係を無碍にした場合、後になって「なぜ連絡をくれなかったのですか?」と、咎められてしまう恐れがあります。
やり直しがきかない葬儀において周囲に角を立ててしまうことは、のこされた方々にとってもよい結果とは言えないでしょう。
また、故人の人脈の全てを家族が把握しているケースは少なく、その人たちのおかげで今までの生活があったという場合もありますから、不義理は避けたいものです。

※自宅や会場で儀式を執り行うにしても新聞に訃報を記載すれば、トラブルを軽減できるかもしれません。

とーたる・さぽーと0528では、配慮すべきことについて適切にアドバイスを行いながら、あたたかな家族葬をご提案いたします。

とーたる・さぽーと0528なら安心できる家族葬 6つの理由
• 安心の理由1
事前相談や打合せで時間をかけてじっくりおこなう
とーたる・さぽーと0528では、依頼される方の心情は不安しかありません。
その為、事前相談や打ち合わせ時に不安から安心できるように安心対策を作成し、葬儀に取り組んでいきます。
私どもは全力でご遺族の味方となり葬儀知識がなくとも訪問客の方々にも失礼のないように誘導し、ご案内いたします。

• 安心の理由2
小さな式場がある
家族葬向きの式場もある、とーたる・さぽーと0528【会館名 スタジオ祈り】では最期の時をゆっくりと過ごすことができ、ご希望の家族葬が行えます。

・安心の理由3
青森県では最高級の復元納棺師にて
葬儀・家族葬などの儀式で最も大切なのは納棺の儀式です。
全国基準の復元納棺師資格を所有する特別な技能を取得している。
当社では、枕飾りに使う屏風を使用せず、納棺時にはできるだけ皆さんとともに最初から最後まで同席していただき、納棺の流れを感じていただきます。
痛々しい、弱々しいお顔から優しい普段のお顔に綺麗に仕上げてまいります。
『病人とは思えない・・・』
『寝ているんじゃない?』などと思い人もおります。
なかには号泣して言葉にならない人もおります。
納棺セレモニーを通して最期の時をゆっくりと過ごすことができます。

• 安心の理由4
オンラインにて儀式参加
最近では、コロナ渦や遠方から来られない方などに有効なサービスとなっております。
誰でも参加できるというものではなく、招待形式で基本的には限定された方としております。
ご利用可能です。有料サービスとなります。

• 安心の理由5
実績がある
家族葬には注意すべきポイントや必要な周囲への配慮がありますが、とーたる・さぽーと0528がしっかりとサポートいたします。

• 安心の理由6
安心会計
ご希望をお伺いしながら、必要なものを確認していき、明確なご説明と見積書を施行前にご提示します。


家族葬のスタイル
• 家族葬ホール スタジオ祈り
とーたる・さぽーと0528【会館名 スタジオ祈り】で家族葬
充実した設備のとーたる・さぽーと0528会館で行う家族葬です。
葬儀専用会館なので完全密葬などの利用もできます。
また、利便性に優れており、お客様の精神的なご負担が軽減されます。
ただし、大きい会場ではございません。少人数での儀式用ですのでご配慮よろしく願い致します。


自宅で家族葬
ご家族中心に、ご自宅からおくりだす家族葬です。間取りの活用方法をはじめ、必要となる物品一式をとーたる・さぽーと0528がご用意します。
ご要望に応じて様々な家族葬をご提案いたします。
家族葬では気心知れた人達が集り、ゆったりとした時間が流れます。
いままで暮らしていた自宅だからこそ、人柄を表す品々に囲まれながら思い出話が進み、悲しみの中にもあたたかさを感じる家族葬になります。

また、納棺後、出棺までにご家族様などでそれぞれの思いを寄せ書きなどで形にして、故人に想いや感謝の言葉を伝えることなども行われます。
とーたる・さぽーと0528では、独自の発想と技術で、お客様のご希望に応じた葬儀を執り行います。
最期の時に想い残しのないよう、遠慮なくご要望をお伝えください。
まごころ込めてお手伝いいたします。