ご安置 兼 家族葬 葬儀場(スタジオ祈り) | 弘前市の葬儀なら【とーたる・さぽーと0528】

  • HOME
  • お知らせ
  • ご安置 兼 家族葬 葬儀場(スタジオ祈り) | 弘前市の葬儀なら【とーたる・さぽーと0528】

弘前市の葬儀・家族葬は、とーたる・さぽーと0528で!!
色々なケースの悩み事が解決できる特殊な葬儀社です。

ご安置 兼 家族葬 葬儀場(スタジオ祈り)は完成いたしました。
オープンは明日2021年5月1日といたします。



小さいお部屋ですが葬儀が可能です。
お部屋を見たい方は、事前にご連絡下さいませ。

また、お困り事があれば何でもお聞きいたします。
とーたる・さぽーと0528の業務内容


・家族葬
  (一般葬・一日葬・直葬・密葬・介護葬・生活保護者の葬儀・遺体安置
身寄りのない方の葬儀ほか遺体保存管理)
・寺院紹介
  (ご希望される御宗派の寺院をご紹介いたます)
・納棺 メイク
    (納棺師がお棺にご遺体を納めます)(死化粧)(単独納棺業務)
・特殊処置 特殊メイク
    (殺害遺体・変死(縊死・自殺)・警察などから帰ってきたご遺体の復元処置)
・遺体保存管理
    (長期保存システム)
・手元供養
    (遺骨を粉骨し、特殊な骨壺にお入れいたします)
・墓じまい
(全ての手続きから遺骨の回収。石の撤去更地まで)
・粉骨業務
    (散骨・自宅安置などで絶対必要な業務)
・海洋散骨・合祀型永代供養墓
(お墓の整理をしなければならないがどうしていいか分からない方など)
・遺品整理 不用品回収
(亡くなられた方の遺品整理業務)
・仏壇・仏具 販売業務


直葬とは、ご臨終から火葬までの儀式で通夜・葬儀をしない事をいう。
葬儀規模としては、ご臨終から火葬までのことを言います。
費用は預貯金または、親族関係者などで支払う。
※一般の方も非常に多いケースです。

生活保護者の葬儀とは、行政からの葬祭扶助という枠があり、それで簡素な葬儀が行える。葬儀規模としては、厳しい規定がある。例えばお布施・祭壇などは許可していない。あくまでも火葬までを行う一部分のみとすること。
費用は行政からでるので個人負担は基本的にはないことになっている。

注意 全ての人が葬祭扶助が出るわけではない。同居人がいない。いても生活保護を受けて収入がない。身寄りがいないなどが該当する。基本的には民生委員が認めないと執り行うことができません。

生活保護者の葬儀(葬祭扶助)は実際、行政から依頼される(葬儀)業者は決まっているものではありません。葬儀社を何も決めていない場合、もし仮に
御社がとーたる・さぽーと0528でと決めているのであれば、当社も福祉課に登録しておりますので利用可能です。福祉課の担当者お知らせくださいませ。
しかしながら、実際当社で葬儀をできるかどうかは民生委員次第です。直接、民生委員にご連絡を
していただいた方がよりスムーズに進むかと思います。

搬送車

24時間365日当社のエスティマにて
病院からご自宅へ遺体搬送が可能です。
搬送のみでも構いません。