墓じまい

墓じまい

 

散骨・永代供養などの普及もあって、昔のようにお墓を建てる人が減ってきていると言われています。しかも、高齢化が進んだことで遠方までお参りに行ったり管理が難しくなるケースもあり、管理者がいなくなって荒れ放題になっているものが増えているのです。

このような場合は、そのまま放置しておくのではなく墓じまいを行うようにしましょう。

 

墓じまいとは

上記のように管理しきれない場合に墓石を撤去し、中に収めてある遺骨を別のお寺や永代供養してくれる場所などに移すことを言います。近年は散骨・永代供養など人気が高くなっており、お寺などに移さずに散骨・永代供養するケースも増えています。

 

墓じまいに必要な費用

墓じまいをする場合、様々な費用が必要になるので事前に把握して準備が必要になります。

 

まず必要となるのが、墓石の解体や撤去にかかる工事費用です。通常はお寺などから敷地をお借りして供養しているため、墓じまいを行う際は当初の借りた時の状態に戻してお返しする必要があります。このため、不要となった石や付属品、お供えものなどは全て運び出し、さらに更地にしておかなければなりません。具体的な費用は、敷地の広さや撤去物の量、作業の難しさなどによって幅があります。

 

一般的には敷地内にクレーン車などを入れて撤去が行われますが、狭い道などでクレーン車が入り込めない場合は人の手で地道に運び出すことになります。こうなると人手や時間も非常にかかってしまうため、クレーン車を使うよりも高額になることが多いです。

 

魂抜きを行い遺骨取り出しの儀式を行う必要があります。お寺のお坊さんなどに依頼することになるので、お布施が必要になります。

また、墓じまいを行うとそれまでお世話になっていたお寺から離れることになり、離檀料を支払うこともあります。

離檀料の相場は地域によって大きく異なり、100万円以上必要になることもあります。あくまでお布施という位置づけなので表面上は金額を自分で決めることになります。

 

現在納骨している場所を引き払うために費用は必要ですが、その後新しいお墓に納骨する場合はその代金の他、新たに永代使用料や管理料、お布施などを管理者に支払うことになります。30万円から100万円以上になる場合もあります。この費用は1霊位単位です。

もっと費用を抑えたい場合は当社の合祀型永代供養墓、それでも遺骨1霊位あたり7.5万円(税別)費用が発生します。

もし高齢や多忙のために自分で墓じまいの手続きができない場合は、とーたる・さぽーと0528に依頼することで全て代行いたします。

費用はそれぞれの手続きや項目ごとに設定されていることが多く、一通りの流れを全てやってもらうと30万円から70万円ほどになります。納骨料は(1霊位あたり7.5万円)別途請求いたします。