弘前市の葬儀に 納棺師【とーたる・さぽーと0528】

葬祭業務

  • ホーム
  • 納棺師
  • 納棺の流れ
  • お棺関係紹介
  • お問い合わせと会社概要

身寄りのいない方の葬儀 - おひとり様の葬儀

身寄りのいない方の葬儀 - おひとり様の葬儀

本契約は、生前契約とは違う形式のものです。公的力を持つ任意契約であります。
その契約を結ぶことにより死後の不安を解消していただけるシステムになっています。

※必ず費用が掛かります。ご了承の程よろしくお願いします。

どんな人間も誰かに意思を託したり、それを実行してもらったりする必要があります。誰にも手をかけずに人生を全うすることは絶対にできません。つまり、ひとりで死んでいくことはできないのです。

 備えあれば優いなし。皆さんの抱える漠然とした不安を安心に変え、ひとりの自由を謳歌できるお手伝いができればこれ以上にうれしいことはありません。そこで下記のご提案を致します。

 ご依頼いただく内容は、ご自身に必要なものを自由に組み合わせることができます。
詳しくはご連絡をお願いします。



事務の内容

【1】 医療費の支払いに関する事務
【2】 家賃・地代・管理費等の支払いと敷金・保証金等の支払いに関する事務
【3】 老人ホーム等の施設利用料の支払いと入居一時金等の受領に関する事務
【4】 通夜、告別式、火葬、納骨、埋葬に関する事務
【5】 菩提寺の選定、墓石建立に関する事務
【6】 永代供養に関する事務
【7】 相続財産管理人の選任申立手続に関する事務
【8】 賃借建物明渡しに関する事務
【9】 行政官庁等への諸届け事務
【10】 以上の各事務に関する費用の支払い

必要書類 委任者(ご本人)と受任者(お願いされる人)は、各人が【1】~【3】のいずれかをご用意ください。



【1】 印鑑登録証明書(3か月以内)と実印
【2】 自動車運転免許証と認印
【3】 住民基本台帳カード(顔写真付き)と認印

証書作成の流れ 【1】 1回目:受付日
委任者(本人)と受任者(お願いされる人)が必要書類を持参してください。

↓ ~約1週間後~



【2】 2回目:公正証書の作成日
委任者と受任者が実印(または認印)を持参し、証書を確認し、その内容で良ければ署名押印をしていただきます。
対応エリア 弘前市・平川市・黒石市・田舎館村・鶴田町・鯵ヶ沢・西目屋村・つがる市・五所川原市・大鰐町
キーワード 葬儀 葬式 おひとり 独りぼっち 直葬 介護 埋葬 永代供養 海洋散骨 身寄りのいない方 ひとり葬 喪主代行
資料 資料請求の方はご連絡お待ちしております。
直接、お届けさせていただきます。
よくご利用される方 •身寄りのないおひとりさま
•親類はいるものの、できるだけ迷惑をかけたくないとお考えの方
•身内が外国におり、その身内と一緒に手続を進めてもらいたいとお考えの方
•信頼できる人に、自分の死後のことを頼みたい方 など
•独身なのでもしものときに頼れる家族がいない...
•結婚はしたが子どもがいない
•同世代の兄弟や親族に後を託すのは不安...
•親族と長年疎遠にしている
•遠方に暮らしている親族には負担をかけられない

赤ちゃんの葬儀 エンゼルプラン

赤ちゃんの葬儀 エンゼルプラン

心より祈り申し上げます。

死産・流産児などといろいろな事情で赤ちゃんとお別れしないといけないと思いますが、できればゆるす限り時間をかけ葬送の儀をしていただきたいと思います。

すぐにお別れする必要もありません。むしろ、心の整理ができていないのに儀式だけ進んでも心はおいていかれて余計に寂しい辛い思いをすると思います。
後悔のないお別れを一緒に考えてプラン構成します。

弊社では一緒に構成できるエンゼルプランがございます。

かわいいひつぎにお入れし、お別れできるように段取りをいたします。
ミルク・お菓子・おもちゃ・折り紙・絵本など準備して
できることは何でもお手伝いいたします。

対応 おふたかたの事情は理解しております。
誰にも気づかずに執り行うことも可能です。
●両親には秘密にしたいなど
しかし、簡単に説明を頂きたいと思います。
対応が大分変わりますのでよろしくお願いいします。
主な内容 ●打合せ(取決め)
●赤ちゃんの納めるかわいい箱・つぼ等
●役所届け手続き・火葬予約手続き
●保冷剤
●必要あれば赤ちゃんの安置も可能です・遺体保存管理
●火葬用のお経 寺院の紹介
●永代供養墓・海洋散骨
対応エリア 弘前市・平川市・黒石市・田舎館村・鶴田町・鯵ヶ沢・西目屋村・つがる市・五所川原市・大鰐町

遺体保存管理

遺体保存管理

『遺体保存管理』とは、当社のみのサービスとなります。他社ではご遺体管理者はおりません。


※今のところ、弊社では専用施設にてご遺体を預かるシステムではございません。


協力店にて預かりをしていただける業者の紹介もしくは弊社でお借りて施工することも可能かもしれません。
(今現在の業者事情によります)その都度ご連絡下さいませ。
※故人様の状況によっては注射針・縫合を行う可能性もあります。確認書を持ってその都度ご説明いたします。

亡くなってご自宅などでご安置したままで納棺し、遺体保存管理をいたします。

通常、葬儀日程は最短3~5日で葬儀を終えますが、畑仕事で忙しかったり、ご遺族様が遠方から帰って来るなど寺院の都合など。他に縊死・水死・事故死など容態が刻々変わっていく故人様など。ご宗家様のいろいろの事情により日程をのばしたいと考えている方々へのサービスです。また、お正月前後・お盆前後の斎場(火葬場)の状況などの遺体保存管理もさせていただきます。
故人様の容態に合わせまして管理処置をしていきます。私どもでは、故人様の腐敗課程を理解しておりますので一人ひとりに合わせた処置を行います。できるだけきれいな状態で最期の心からのお別れができるよう社員一同お祈りしております。

 そして、納棺から火葬までの時間をこちら側で管理することでご宗家側の予定を叶える事ができます。ただし、長期間の日程だけに止血剤・消臭剤などのオプション代がプラスなる可能性は非常に高いと思われます。ご理解の程お願いします。
 基本的には亡くなられてから本日もしくは明日にご納棺致します。夏・冬はできるだけ早めにご納棺をお勧めいたします。ご安置しているお部屋が湿度・気温が高いため腐敗進行があるため、早めのご納棺を提案いたします。ドライアイスやその管理技術にて故人様の状態を把握し、管理いたします。納棺時の診断によって何が必要でどうしたらいいかなどを考え管理を徹底いたします。1日に一度訪問させていただきます。時間はこちら側の都合で訪問させていただきます。ご了承ください。

診断にもよるが既に腐敗が始まっている故人様は火葬をできるだけ早めにして頂きます。
※1『遺体保存管理』は管理日数×@5,500円(税抜き)は基本料金+オプション代となります。(一・直)
※2『遺体保存管理』は納棺をさせていただくことを前提としたサービスです。
※3『遺体保存管理』は納棺をしないで管理だけの以来の場合1日/通常単価よりアップ価格になります。ご相談くださいませ。

遺体保存計算方法 例)
①納棺料(基本料金)
②納棺時オプション(止血剤・消臭剤など腐敗程度によって使用)
③遺体保存管理費
納棺日は本日で火葬は5日後となると計算上5日×@5,500円=27,500円(税抜き)の発生になります。
④ドライアイス24管理費・1日/1回の訪問管理・訪問時オプション(止血剤・消臭剤など腐敗程度によって使用)

一般の葬儀社では遺体保存管理ができませんので似たようなサービスがあったとしても内容が全く違いますし、技術そのものが全然違いますのでご理解よろしくお願いします。

『遺体保存管理』は生前のきれいな状態をできるだけ保ちお別れできるよう心掛けるサービスです。

管理日数とは 納棺の日から火葬の日までのことを管理日数といいます。この日数が基本料金設定になります。
オプションとは 管理にあたり腐敗が進んでいくにつれて消臭剤・止血剤など必要な処置をすることです。

単独納棺とは・・・

葬儀社と関係なく納棺部分を依頼したいという方はご連絡くださいませ。
私どもでは納棺部分をご宗家様から直接のご依頼もお受けしております。

依頼例)

依頼例① 納棺のみ
依頼例② 納棺と棺一式セット
依頼例③ 病院・介護施設などからの搬送業務・納棺一式。
(搬送業務はこちらで専門業者に手配致し同行いたします)
依頼例④ 警察施設などからの搬送業務・納棺一式。
(搬送業務はこちらで専門業者に手配致し同行いたします)
※警察の場合基本的にはお棺を事前に準備し処置納棺を行い
その後、棺に納め搬送車両にのせご移動になります。
基本料金 通常納棺 40,000円~
 病死・自然死の場合

特殊納棺 55,000円~
 縊死・腐乱・損傷の激しい場合

バラバラ 100,000円~
 縫合・特殊メイク・その他
オプション料金 アフター・時間割増・納体袋・消臭剤・止血剤・衰退部分の修復・完全とじ(目)・完全とじ(口)各5,000円~

直葬とは・・・

直葬とは・・・

通常のお通夜や告別式などの儀式を行わず、火葬だけですませるスタイルの葬儀のことです。

直葬の場合、一般の方にもご会葬して頂くお通夜、告別式という儀式を省略しますので、遺体を24時間保管した後、直接火葬場に移送し荼毘に付します。 直葬を選ぶ理由の多くは、経済的な理由から葬儀の費用を安く済ませたいというものが圧倒的ですが、最近では、「余分なものを一切省き合理的で経済的だ」とする声もよく耳にします。

火葬はもともと古くから日本にある葬儀のスタイルのひとつです。昔は、経済的理由から火葬だけを行うことがほとんどでしたが、時代のニーズとして、青森県でも直葬を希望している声が非常多いといわれています。

もちろん、葬儀のスタイルは残された遺族が納得のいくものであることが理想です。こんな場合には直葬がおすすめです。


葬儀の費用をかけずにお見送りしたい
故人の遺志で火葬だけにしたい
葬儀は菩提寺のある田舎で行いたい
焼いた骨は散骨してもらいたい


ただし、火葬だけで葬儀をすませてしまう場合、菩提寺があれば事前にお寺にその旨をお話し了承を得ておいたほうがいいでしょう。 また、直葬の場合、家族葬や一日葬と違い、故人とゆっくりお別れを惜しむ時間はあまりなく、死亡が確認されてから24時間遺体を安置している間だけとなります。ですので、もしも故人がお世話になった方やどうしても最期のお別れをしておいた方がよいと思われる方がいましたら、すぐに連絡を取ったほうがいいでしょう。

【直葬の内容】 ご遺体の搬送[病院または自宅など]
打合せ内容による その他葬具[ドライアイス・お棺一式]
死亡診断書(死体検案書)の役所申請手続き
オプション 高級棺・高級仏衣セット 13万円(税別)~
復元処置・消臭処置その他など

介護葬とは・・・

介護葬とは・・・

自宅かわりに介護施設にて行うスタイルの葬儀のことです。
近年、介護入居者が非常に多く自宅があっても誰もいないので帰れる状況でないため、介護施設の一室をお借りして執り行う葬送儀礼のことです。

介護施設での一般的な方法と致しましては、直葬で一般の方にもご会葬して頂くお通夜、告別式という儀式を省略しますので、遺体を24時間保管した後、直接火葬場に移送し荼毘に付します。 直葬を選ぶ理由の多くは、経済的な理由から葬儀の費用を安く済ませたいというものが圧倒的ですが、最近では、「余分なものを一切省き合理的で経済的だ」とする声もよく耳にします。 逆にセレモニーホールなど利用することにより、葬祭費が高騰し経費が重なり矛盾をきたすことがあるため、施設長の許可があれば利用することもございます。

もちろん、葬儀のスタイルは残された遺族が納得のいくものであることが理想です。こんな場合には介護葬火葬プランがおすすめです。


葬儀の費用をかけずにお見送りしたい
故人の遺志で火葬だけにしたい
葬儀は菩提寺のある田舎で行いたい
焼いた骨は散骨してもらいたい
おひとり様の葬儀
生活保護者の葬儀


ただし、火葬だけで葬儀をすませてしまう場合、菩提寺があれば事前にお寺にその旨をお話し了承を得ておいたほうがいいでしょう。 また、直葬の場合、家族葬や一日葬と違い、故人とゆっくりお別れを惜しむ時間はあまりなく、死亡が確認されてから24時間遺体を安置している間だけとなります。ですので、もしも故人がお世話になった方やどうしても最期のお別れをしておいた方がよいと思われる方がいましたら、すぐに連絡を取ったほうがいいでしょう。

【介護葬の内容】 ご遺体の搬送[病院または自宅など]
打合せ内容による その他葬具[保冷剤・お棺一式]
死亡診断書(死体検案書)の役所申請手続き
費用 故人様の生活状況により、異なります。

福祉葬とは・・・ 葬祭扶助・生活保護受給者本人の葬儀 葬式

福祉葬とは・・・ 葬祭扶助・生活保護受給者本人の葬儀 葬式

福祉葬とは、生活福祉補助(生活保護)を受給されている方のみが行える葬儀です。
受給されている方が亡くなられた際に申請をすれば、葬祭扶助が受けられますが、各自治体によって支給額は異なります。

【福祉葬での葬儀が可能な方】
・生活保護受給者本人様の葬儀
・喪主の方が生活保護受給者の場合(故人様と同じ所帯の場合になります)

葬祭扶助の支給は、各市町村で手続きを行います。
一般的には葬儀が終わった後、葬儀業社に直接支払われるものになります。
葬儀の内容に関しては、各自治体で異なります。
※基本的な事(読経・お布施・戒名・飲食代・生花代・香典返し等)には適用されません。

(戒名希望の方がおられますが、基本的にはお寺関係支払いは福祉課からのおりてくる金銭からは出せません。)

寺院を簡易に相談してしまうと、寺院への請求がでてきます。
延滞料・離脱料・檀家料・お布施料・お経料・戒名料などと一切の物が一括請求されることになります。
以上、心得てお考えくださいませ。


「福祉葬」とは、必要最低限の葬儀を各自治体が負担するものです。
そのため、葬祭扶助で行える葬儀は、納棺し、火葬をするという流れとなります。
通夜や告別式などは行いません。


※受給者のお住まいの地域と異なる場所で葬儀をする場合は、適用されません。

※生活補助を受給していた故人様に貯金などがある場合は、葬儀費用に充当します。

※各自治体にご連絡する前に弊社にご一報くださいませ。

※各自治体により葬祭扶助の規定が異なりますので、お住まいの市区町村役場などにお問い合わせ下さい。

※お困りの時は、弊社へご一報下さいませ。土日・祝日や夜間対応させていただきます。

【福祉葬の内容】 ご遺体の搬送[病院または自宅など]
その他必要最低限の葬具[ドライアイス・お棺一式]
火葬の料金
死亡診断書(死体検案書)の役所申請手続き

Information

とーたる・さぽーと0528
〒036-1312
青森県弘前市大字高屋字本宮
380-2
最後の旅立ちのお手伝いに。納棺師が家族に見守られながら旅立ちのご準備をさせていただきます。
福祉葬・介護葬も対応致します。
お問い合わせはこちら TEL 090-4037-8487 24時間受付中! 年中無休
メールフォーム

豊川 葬式

ページの先頭へ