弘前市の葬儀に 納棺師【とーたる・さぽーと0528】

お知らせ

  • ホーム
  • 納棺師
  • 納棺の流れ
  • お棺関係紹介
  • お問い合わせと会社概要

葬儀費用で 「後悔」 しないために

  • 葬儀費用で 「後悔」 しないために
2015年09月03日
何も知らないばかりに 「ぼったくられている」 遺族の方は多いです
見積もりサービスを活用して納得できる葬儀を行いたいですね。

葬儀費用を限りなく安くする唯一の方法
相談はもちろん無料ですので、弊社までお気軽にご連絡ください。

連絡はこちらまで
電話090-4037-8487(24時間365日営業)
つながらない場合はこちらから2時間以内に折り返しお電話を致します。ご安心下さいませ。

直葬

直葬(ちょくそう)とは、ご自宅などから荼毘を行う
火葬場へと直接搬送し、告別式や通夜を行わずに
火葬のみを行う形式のことです。

法律上では、亡くなった時刻から24時間が経過しなければ火葬を行う事が出来ないので、実際の火葬を行うのは亡くなった翌日以降になります。

死亡届の提出などの役所での手続きや火葬場の空き状況、
遺族の都合によって日時が決定されます。

日本(青森県)ではこれまで、人が亡くなった場合には
死亡→納棺→火葬→通夜→葬儀・告別式という流れが一般的でした。

これに対して、死亡→納棺→火葬というように
火葬後の儀礼や催しを取り払ってしまおうというのが直葬です。

ある専門家の推定によれば、地方の5~10%が直葬だと考えられています。

なぜかというと、格差社会が進んで葬儀を行えない人が増加していたり、
葬式自体を時間や金銭、手間の点で無駄であると考える人が増えてきていることがその理由です。


直葬のメリットとデメリット

【メリット】
・費用を安くすませることができる
葬儀本体に費用がかかりませんし、参列する人がいないので飲食接待費などがかからない分、かなり安く行うことができます。

・火葬式は故人とゆっくりお別れすることができる
遺族が葬儀の準備に追われることもないので、
一度自宅に帰った後火葬までの時間故人とゆっくりお別れをすることができます。


【デメリット】
・友人や知人の反感を招く場合がある
家族だけの判断で直葬を行ってしまうと、
後からそのことを知った友人や知人の気分を害してしまう場合があります。
早めに亡くなったことと直葬を行うことをきちんと伝えておきましょう。

・香典が少なくなる
参列者がいないので、香典はほとんどありません。
中には直葬をして香典を全て断る遺族の方もいます。


直葬にかかる費用

直葬は通常の葬儀と比べてかなり安く抑えることができます。

かかる費用は亡くなった場所からの搬送や納棺、
遺体の安置、死亡診断書の提出や火葬埋葬許可書の
取得、そして実際の火葬の費用が必要になります。



直葬を行う場合も葬儀社に依頼する必要があります。
なぜかというと、遺体の搬送や安置場所の設置をお願いしなければならないからです。


見積もりを取って安易に一番安い葬儀社に決めるのではなく、
きちんと内容とサービスを比較して選ぶことが大切です。

相談はもちろん無料ですので、当店までお気軽にご連絡ください。

<< 戻る

お気軽にお問い合わせください! TEL 090-4037-8487 24時間受付中! 年中無休 メールフォーム

Information

とーたる・さぽーと0528
〒036-1312
青森県弘前市大字高屋字本宮
380-2
最後の旅立ちのお手伝いに。納棺師が家族に見守られながら旅立ちのご準備をさせていただきます。
福祉葬・介護葬も対応致します。
お問い合わせはこちら TEL 090-4037-8487 24時間受付中! 年中無休
メールフォーム

豊川 葬式

ページの先頭へ