弘前市の葬儀に 納棺師【とーたる・さぽーと0528】

遺品整理と海洋散骨

  • ホーム
  • 納棺師
  • 納棺の流れ
  • お棺関係紹介
  • お問い合わせと会社概要

当社では遺品整理や海洋散骨も承ります

  • 遺品整理
  • 海洋散骨

遺品整理

遺品整理について

少子高齢化・核家族化を背景に、故人様の亡くなられた後の遺品の片づけが
ご遺族の方のみでは大きな負担となるケースがございます。

生前、大切にされた品々を前に「できれば身内で形見分けがしたい。
思い出はたくさんあるが、全ての荷物を持ち帰るわけにはいかない」と言われる方がほとんどです。様々な理由でお困りの方も少なくないと思います。
供養の専門家がご遺品の整理をお手伝い致します。


【遺品整理の流れ】
①お見積り
日時を決め無料見積りを致します。
②整理 貴重品のチェックや形見品の漏れがないか確認しながら椢包・分別を行います。
③処分 不要なものは玄関先まで搬出し、積込み・運搬は一般廃棄処理業者へ委託します。
④リサイクル 家電(テレビ、冷蔵庫、洗濯。エアコン)は家電リサイクル業者へ委託します。
【不用品処分/買取・リサイクル】

【不用品処分/買取・リサイクル】
遺品整理のみではく、生前の整理も行っております。
不要になった、家電や家具、、処分に困っているものはありませんか?

また、電化製品(製造から3年以内)、家具、貴金属、時計、毛皮、骨董品、
アンティークなど、、買い取らせていただきます。
詳しくは、お問い合わせください。

海洋散骨

★新プラン低額海洋散骨
 直葬散骨プラン
弊社にて直葬式 葬儀を行った後、ご遺骨を粉末処理し、委託散骨を依頼する。東京湾での委託散骨をするプラン
(直葬(火葬式) 葬儀費用)+(委託散骨 75,000円税別)
委託散骨とは・・・ 故人様のご遺骨をお預かりし、東京湾にて散骨専門スタッフがご遺族の代わりに散骨致します。
自分で散骨をお考えの場合。 ご相談下さい。個別にお話させて頂きます。

海洋散骨に抵抗を感じられる方、法に触れるのではないかとお考えの方もまだまだおられるかと思いますが、東京都福祉保健局のホームページの散骨に関する留意事項にもありますように海や山に焼骨(遺灰)を撒く、いわゆる「散骨」について、「墓地、埋葬等に関する法律においてこれを禁止する規定はない。この問題については、国民の意識、宗教的感情の動向等を注意深く見守っていく必要がある。」との見解を示しています。

もちろん、弊社の場合は当然の事ですが、漁場、航路を避け沿岸にお住まいの方々へも配慮し、自然に戻らない副葬品もご遠慮させて頂いております。

近年散骨にご興味を持ち、お問い合わせを頂く方の理由として多いのは・・・


・お墓を持つことや入ることになると家族の金銭的また身体的負担になるという考え方(お墓を継ぐ人がいない、お子様やお孫様に負担をかけたくない等)からお問い合わせを頂くケース

・大好きだった海や山の自然に還りたいという考え方からご本人様自身から生前にお問い合わせを頂くケース

・納骨できないご事情により故人様のご遺骨(お骨)を自宅に保管しており、どうしたら良いのかわからないというご遺族様からお問い合わせをいただくケース

・墓じまい、離壇を予定しておりお墓から出したお骨を散骨されたいというケース

・人は死ぬと無意識、無存在となり、無生物である塵に帰るという考え方をされるケース


・・・等々になります。「死んだらお墓に入るもの」と当然のように考えられていたかもしれませんが、「お墓に入らないという選択」ができるようになったということになります。また、少子高齢化や核家族化の影響も否めないでしょう。「葬送のされ方をご自分で決める」、「あの人は○○(地域名)の海が大好きだったからお墓ではなく海への散骨という葬送をしてあげよう」、「お墓の購入はできず納骨もできない、でも故人様には安らかにお眠りいただきたいので海へ」、「手元供養品による自宅納骨を予定しており残ったお骨は粉骨し海へ」、「配偶者がお亡くなりになりご遺骨を自宅に保管していたが新たな一歩を踏み出すために海へ散骨を」・・・そんな様々な考え方もあるのです。

委託散骨とは・・・ ご遺族様による散骨を行わず故人様のご遺骨をお預かりし、ご遺族様の代わりに専門スタッフが散骨を行うプランのことをいう。
委託散骨費用 75,000円(税別)
プランに含まれるもの ・手作業で丁寧に粉骨ご一体
(二体以上は別途費用となります。)
・海洋代行散骨
・各種手続き
・散骨地点のわかる散骨証明書を後日郵送
プランに含まれないもの ・ご遺骨郵送費用(ゆうパック)
・お骨壷及び桐箱処分
散骨場所 委託散骨は東京湾のみになります。

海などへ散骨してあげたい・・・
   ご遺族だけでの散骨をお考えの方に、遺骨の粉末化をお手伝いさせて頂きます。

自宅で供養したい・・・
   多くの場合、ご遺骨を粉末にすれば体積は激減します。少し小さめの骨壷やお気に入りの容器などに移し替えれば自宅で保管しやすくなります。

きれいな形で分骨を行いたい・・・
   複数のご遺族で分骨を予定されている場合にも、遺骨を粉末にしておけば公平な分骨が可能です。

遺骨の粉末化とは 遺骨をパウダー状の遺灰にするサービスです。
粉末化料金 一体30,000円(税別)
骨箱処分・加工代 一箱6,000(税別)
ご遺骨の引取り費用 弘前市・は無料でお伺いいたします。
その他の場所は別途出張料金をいただきます。

青森県 個別散骨(チャーター散骨)ご相談お受け致します。

詳細は直接、ご相談下さいませ。

青森県以外の海洋散骨ポイントはご相談ください。

こんなことでお困りではありませんか?

●お墓が遠く、体力も落ちてきたのでお参りが大変だ...
●今後お墓を管理する子どもたちに苦労をかけたくない
●もっと頻繁にお参りできるよう、お墓を近くに移したい
●複数の場所に埋葬してある遺骨を一か所にまとめたい
●自分が亡くなるとお墓を管理する人がいなくなってしまう...

●お問い合わせお問い合わせ

お電話、または、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お話しを伺ったうえで面談でのお打合せの日取りを決めさせていただきます。
初回相談は完全無料です。
平日夜間や土日祝日の出張相談も承っておりますので、ご希望の日時、場所をお申し付けください
●対応 海洋散骨(チャーター散骨・委託散骨)
合祀型永代供養墓(県外)

お墓を引っ越す(改葬)

お墓を閉める、引っ越すのは責任ある選択

近年、少子高齢化で死亡者数が増える反面、墓を継承する人は減り続け、お墓を閉める必要が出てくることもあります。少し前までは「後は子供が考えてくれるだろう」ということで、問題解決を先送りにする傾向もありましたが、最近では、「自分たちの元気なうちにこのお墓問題をちゃんと解決しておかなければ」と考える人も多くなってきました。
お墓を継ぐ人がいない
お墓の重荷を子供達に負わせたくない
金銭的理由で、お墓の維持管理が続けられない
高齢でお墓参りができず心理的に負担になっている
遠方でお墓の維持が出来ない

こんな悩みを持っている方が多いのですが、その解決法として、お墓詣りの難しい遠方のお墓を閉めて、近くに永代供養墓を購入したり、お墓を完全になくして散骨など承継者の要らない供養法を検討する方が多くなりました。そのとき避けて通れないのが「墓じまい(廃墓ともいいます)」や「お墓の引っ越し(改葬)」です。
今までのお墓が無くなる、というのは少しさびしい気がしますが、現在の墓が家族にとって大きな負担になったり、また管理も出来ないままの状態が続くようであれば、「墓じまい」や「改葬」が、ある意味非常に合理的で責任感があり、かつ、実は家族や先祖のことなどを良く考えた末の決断だと思います。
「ずっと心にひっかかっていたことを解決できた。これで墓がほったらかしになることはない」というように、「墓じまい」や「改葬」を前向きに考えられる方が増えています。

手続き 1、新しい改葬先を確保
2、埋葬証明書の発行
3、改葬許可書の受け取り
魂抜き、(閉眼供養) 4、寺院への依頼
作業A 5、遺骨の取り出し・洗浄・乾燥
作業B 6、納骨(海洋散骨・合祀型永代供養墓など)
お墓の撤去 7、墓石屋さんに撤去の依頼
費用 全ての費用計算は簡単に出せません。

一度、お墓の大きさやお墓の中に何人眠っているかなどいろいろ把握したうえ見積書を作成いたします。
粉骨 必要あれば、粉骨作業も可能です。

永代供養

合祀型永代供養墓

合祀型永代供養墓

大切なご先祖様をお寺が責任を持って、永代にわたるご供養の全てを行います。

合祀型永代供養墓はご先祖様の遺骨を寺院に送ることで、寺院が永代納骨及びご供養していただけるサービスです。
お墓(墓地・墓石)を購入するのと違い、永代供養料を一式支払えば、永代にわたる供養の全てをお寺にお任せるすることができます。
管理、年会費、月会費などは一切不要で、初回の永代供養料のみでご先祖様のご供養をさせていただきます。

「お付き合いのある寺院がない」「個別永代供養墓が高くて買えない」「故人の宗派がわからない」「お墓にお金をかけたくない、かけられない」「故人の身寄りがなく、跡継ぎもいないので、お墓を継ぐ人がいない」など、納骨や先祖のご遺骨でお困りの方は是非ご利用ください。
※檀家になる必要はございません.また、寺院から檀家になるよう勧められることもございません。

戒名(かいみょう)とは一般的には死後の世界(浄土)で仏教徒になった証として授かる名前のことです。
文字通り、厳しい戒律を守って仏門に入った人が授かる名前のことです。この世の名前は「俗名」、あの世の名前が「戒名」です。
ご戒名(法名・法号)をお持ちでないご先祖様にも、故人がいかなる方であったか、生年月日はいつかなどの情報をご遺族からお聞きした上で寺院が御仏に祈り、御仏から降りた名前を寺院がお授けします。


こんな方々がご利用いただけます。

・お付き合いのあるお寺さんがない。
・個別永代供養墓が高くて買えない。
・故人の宗旨宗派がわからない。
・お墓になるべくお金をかけたくない.かけられない。
・故人の身寄りがなく、跡継ぎもいない、お墓を継ぐ人がいない。
・自宅などにも安置する場所がなくて困っている。


■必要書類
依頼者の住民票または免許書のコピー(両面)
意志確認書
埋葬許可書のコピー
(お持ちでない方は故人様の除籍謄本又は除籍抄本)

家庭内でトラブルの場合 依頼者によっては火葬後すぐにお願いする方もおります。

血縁者が多い場合、お話が行き届かず、粗末とお考えになる方もおられます。
その時は葬儀後、時間をかけてご安置して故人を偲んでください。また、ある一定の節目で納骨をすることを伝えるのもよいかも知れません。
下記のように仏式的節目がございます。ご参考に。
7日目 (初七日)
14日目 (二七日)
21日目 (三七日)
28日目 (四七日)
35日目 (五七日) 忌明け(弘前市の場合)
42日目 (六七日)
49日目 (七七日) 忌明け

合祀型永代供養墓 + 一般戒名または法名
■永代供養墓はすべて合祀となります。
管理費、年会費、永代供養料が含まれております。

宗旨宗派は問いません。(納骨後は各宗派の読経となります)
納骨後に寺院の檀家になる必要はございません。
年4回の読経(春の彼岸供養、お盆供養、秋の彼岸供養、お正月)

■一般戒名 男性は信士、女性は信女となります。又は・法名 男性は繹、女性は繹尼となります。
補足 ■戒名を付けて欲しいと言う方もご利用可能です。

■納骨する各寺院で戒名・法名をいただけます。
費用 お問合せ下さいませ。青森県内の方のみの対応です。

基本的には、こちら側でお伺いいたします。
長距離の場合別途、交通費をいただきく場合もございます。
弘前市より出発致します。
注意 皆様で葬儀後、遺族様皆様でお決めくださいませ。

□納骨時の立会いは不可能です。
 理由、寺院の事情により数多くの仏さんと寺院の空き時間で納骨。個々の埋葬状況を把握することができない為、対応不可です。

予めご了承の程お願いします。

ただし、納骨後通知書を発行後のご参列は可能となります。

こんなことでお困りではありませんか?

●お墓が遠く、体力も落ちてきたのでお参りが大変だ...
●今後お墓を管理する子どもたちに苦労をかけたくない
●もっと頻繁にお参りできるよう、お墓を近くに移したい
●複数の場所に埋葬してある遺骨を一か所にまとめたい
●自分が亡くなるとお墓を管理する人がいなくなってしまう...

●お問い合わせお問い合わせ

お電話、または、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お話しを伺ったうえで面談でのお打合せの日取りを決めさせていただきます。
初回相談は完全無料です。
平日夜間や土日祝日の出張相談も承っておりますので、ご希望の日時、場所をお申し付けください
●対応 海洋散骨(チャーター散骨・委託散骨)
合祀型永代供養墓(県外)

お墓を引っ越す(改葬)

お墓を閉める、引っ越すのは責任ある選択

近年、少子高齢化で死亡者数が増える反面、墓を継承する人は減り続け、お墓を閉める必要が出てくることもあります。少し前までは「後は子供が考えてくれるだろう」ということで、問題解決を先送りにする傾向もありましたが、最近では、「自分たちの元気なうちにこのお墓問題をちゃんと解決しておかなければ」と考える人も多くなってきました。
お墓を継ぐ人がいない
お墓の重荷を子供達に負わせたくない
金銭的理由で、お墓の維持管理が続けられない
高齢でお墓参りができず心理的に負担になっている
遠方でお墓の維持が出来ない

こんな悩みを持っている方が多いのですが、その解決法として、お墓詣りの難しい遠方のお墓を閉めて、近くに永代供養墓を購入したり、お墓を完全になくして散骨など承継者の要らない供養法を検討する方が多くなりました。そのとき避けて通れないのが「墓じまい(廃墓ともいいます)」や「お墓の引っ越し(改葬)」です。
今までのお墓が無くなる、というのは少しさびしい気がしますが、現在の墓が家族にとって大きな負担になったり、また管理も出来ないままの状態が続くようであれば、「墓じまい」や「改葬」が、ある意味非常に合理的で責任感があり、かつ、実は家族や先祖のことなどを良く考えた末の決断だと思います。
「ずっと心にひっかかっていたことを解決できた。これで墓がほったらかしになることはない」というように、「墓じまい」や「改葬」を前向きに考えられる方が増えています。

手続き 1、新しい改葬先を確保
2、埋葬証明書の発行
3、改葬許可書の受け取り
魂抜き、(閉眼供養) 4、寺院への依頼
作業A 5、遺骨の取り出し・洗浄・乾燥
作業B 6、納骨(海洋散骨・合祀型永代供養墓など)
お墓の撤去 7、墓石屋さんに撤去の依頼
費用 全ての費用計算は簡単に出せません。

一度、お墓の大きさやお墓の中に何人眠っているかなどいろいろ把握したうえ見積書を作成いたします。
粉骨 必要あれば、粉骨作業も可能です。

お気軽にお問い合わせください! TEL 090-4037-8487 24時間受付中! 年中無休 メールフォーム

Information

とーたる・さぽーと0528
〒036-1312
青森県弘前市大字高屋字本宮
380-2
最後の旅立ちのお手伝いに。納棺師が家族に見守られながら旅立ちのご準備をさせていただきます。
福祉葬・介護葬も対応致します。
お問い合わせはこちら TEL 090-4037-8487 24時間受付中! 年中無休
メールフォーム

豊川 葬式

ページの先頭へ